クラウド活用事例

大学におけるクラウドの活用事例を紹介します。

東京工科大学

学校法人片柳学園 東京工科大学では、2014年よりキャンパスIT基盤の全面クラウド化を実施。クラウド事業者のサービスと学内クラウドを組み合わせることで、インフラ運用管理の効率化や情報教育の高度化に役立てています。その概要について、東京工科大学 メディアセンター長 コンピュータサイエンス学部教授 田胡 和哉氏と、同 片柳研究所クラウドサービスセンター 講師 安藤 公彦氏にお話を伺いました。(インタビュー実施:2018年8月3日)

広島大学

国立大学法人 広島大学では、NIIと共同で「学術機関における情報セキュリティガバナンス・クラウドサービス利用の実態調査」を実施しました。その狙いと調査結果について、情報メディア教育研究センター センター長/教授 西村 浩二氏、助教 渡邉 英伸氏にお話を伺いました。(インタビュー実施:2018年7月4日)

九州大学

国立大学法人 九州大学では、Amazon Web Services(以下、AWS)をはじめとする外部サービスを積極的に活用し、公開Webサーバや教育情報システムのクラウド化を実現しています。その成果や課題について、情報統括本部 特任教授/名誉教授 藤村 直美氏、准教授 伊東 栄典氏、助教 笠原 義晃氏と、情報システム部の上田 将嗣氏、平川 新氏にお話を伺いました。(インタビュー実施:2018年1月11日)

慶應義塾

慶應義塾では、学内情報インフラのクラウド化を積極的に推進。メールやオンラインストレージ、ビデオ会議システムなど様々なサービスを提供中です。その狙いと効果、並びに学認クラウド 導入支援サービスの活用状況について、慶應義塾 インフォメーションテクノロジーセンター本部 事務長 金子康樹氏にお話を伺いました。(インタビュー実施:2017年9月26日)