大学DX勉強会

目的

2020年以降、多くの大学では、研究、教育、事務のデジタルトランスフォーメーション(DX)が加速していますが、その経験や知見について情報交換する場はまだ限られています。
そこで、2023年から、大学・研究機関の有志※によって「大学DX勉強会」がスタートしました。
※大学DX勉強会企画チームメンバー:
八重樫 理人(香川大学)、近堂 徹(広島大学)、玉造 潤史(東京大学)、柏崎 礼生(近畿大学)、
合田 憲人・吉田 浩・小林 久美子(国立情報学研究所)

実際に大学でDXを推進しているマネジメントから現場までさまざまな立場からの取り組みを紹介し、それをもとにした情報交換と参加者全員での議論を通して大学DX推進に向けた課題を共有、さらに参加者(特に現場担当者)のモチベーション向上に寄与することを目指しています。

アンケートに見る大学DXの課題と本勉強会の運営

<第1回勉強会の参加者アンケート結果>

学内のDXを進める上で特に重要となる要素は何でしょうか(複数回答可)
学認クラウド導入支援サービス 概要図
DX推進の課題や今困っていること(記述回答)
学認クラウド導入支援サービス 概要図
アンケート結果から、大学DXでは、ITの問題よりも人的な課題がより重要であることがわかりました。そこで、第2回以降は、以下の3つの立場の視点から大学DXの事例をご発表いただくように企画しています。
■経営層 ■中間管理者層 ■現場

これまでの実績と今後の活動

<開催実績>

これまでは、大学・研究機関有志によって勉強会を企画・運営してきましたが、2024年度からは、以下の理由から、学認クラウド導入支援サービスの一環として進めてゆきます。

最新の情報や資料は以下からご覧いただけます。

第7回

2025-2〜3月頃予定

第6回

2024-12-10〜12予定

第5回

2024-06-13
事例紹介:弘前大学、三重大学、成城大学(発表順)

第4回

2024-03-01
事例紹介:鹿児島大学、広島市立大学、筑波大学、広島大学(発表順)

第3回

2023-12-13
事例紹介:香川大学、島根大学、信州大学、大阪教育大学(発表順)

第2回

2023-05-31
事例紹介:信州大学、芝浦工業大学、香川大学、東京大学(発表順)

第1回

2023-03-10
事例紹介:東北大学、早稲田大学、東京大学、香川大学、広島大学(発表順)