学認クラウドゲートウェイサービス

学認クラウドゲートウェイサービスとは

学認クラウドゲートウェイサービスは、大学・研究機関(以下「大学等」)で法人契約済であるなど、その組織の構成員(以下「一般利用者」)が使えるクラウドサービスを一覧表示し、ワンストップで利用したいサービスにアクセスできるようにするポータル機能のサービスで、大学等の認証基盤とクラウドの橋渡しを行います。学認参加サービスに対しては、シングルサインオン(一つのID・パスワードであらゆるシステムが利用可能であること)も可能です。

学認対応のサービスは世の中にたくさんありますが、その中から実際に利用できるのは、自分の大学等が契約しているか、利用を許可しているサービスのみです。この場合、使えないサービスを利用しようとして使えなかったという問題が発生しますが、ゲートウェイサービスを利用するとそのような煩雑さからも解放されます。

下図は、ゲートウェイサービスの利用イメージですが、教職員や学生が、学認のアカウントでゲートウェイサービスにサインインすると、大学等が契約しているクラウドサービスや電子ジャーナルなど、自分が利用できるすべてのサービスが一覧で表示されるため、利用できないサービスにアクセスすることがなくなります。

学認クラウドゲートウェイサービス 概要図①

例えばこんなお悩みを解決できます

ゲートウェイサービスの仕組みは難しいものではなく、下図のように、大学等のIdP管理者が利用可能なサービスを学認申請システムやゲートウェイサービスに登録しておき、一般利用者はゲートウェイサービスにサインインするとその登録サービスを一覧・利用できる、といったシンプルなものです。また、大学等が契約している以外で自分が契約しているクラウドサービスなどを登録したり、表示の並べ方をカスタマイズすることも可能です。

学認クラウドゲートウェイサービス 概要図②

利用にあたって

利用条件

利用料金

本サービスは無料です。
本サービスを経由してパブリッククラウドなど有料のサービスを利用する場合、利用料は利用機関のご負担となります。

利用までの流れ

学認クラウドゲートウェイサービス利用までの流れ

【利用規程】申請の前に

申請にあたっては、以下をご一読・ご同意ください。学認クラウドゲートウェイサービスはクラウド利活用支援サービスの一つです。

申請方法

提出書類

記入要領

記入にあたっては記入の手引きをご参照ください。

送付方法

まず記入した申請書のWordファイルを添付ファイルにてeメールで下記宛先までお送りください。

内容に問題ない場合はその旨連絡しますので、原本を下記送付先までお送りください。

送付先

〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
国立情報学研究所 学術基盤推進部 学術基盤課 クラウド推進チーム
Email:

メールでのお問合せ

Email:

よくあるご質問

利用にお金はかかりますか?

ゲートウェイサービス自体の利用にお金はかかりません。しかし、アクセス先のサービスを利用するためにはサービスによっては機関契約等が必要になる場合があります。

学認は必須ですか?

利用者に学認経由でログインさせ、所属機関および個人を判別している関係上機関が学認に参加していることが必須になります。

個人で利用申請できますか?

本サービスは各機関の担当者が機関向けにカスタマイズしたものを利用者に提供するという形態のため個人での利用申請はできません。

(IdP管理者からの質問)ゲートウェイサービスに属性を送信すれば各サービスへのシングルサインオン(SSO)が行われるのでしょうか?各サービスへの属性送信は不要ですか?

そんなことはありません。従来通り個々のサービスに対する属性送信設定をIdPに対して行う必要があります。
ただし、以下の手順で両方の設定をまとめて管理することができますので、是非ご検討ください。
<IdP側> https://meatwiki.nii.ac.jp/confluence/x/A4Lf
<ゲートウェイサービス側> https://meatwiki.nii.ac.jp/confluence/x/Tol7AQ

ゲートウェイサービスに利用申請は必須なのですか?

はい。ゲートウェイサービスの画面(ゲートウェイトップ画面)は利用申請した機関の構成員にのみ表示されます。ただし、本ページで説明していない「グループ機能」については未申請の機関の方でも利用可能です。当該利用者がログインするとグループ機能の画面(MYグループ画面)が表示され、未申請である旨表示されます。
グループ機能とは、ゲートウェイサービスの利用可能判定を補完するためにその人が所属する部署・共同研究プロジェクト等いわゆるグループの情報を管理・提供するものです。

利用承認後にどのような対応が必要ですか?

ゲートウェイサービスを利用するには以下のご対応をお願いします。

(1) IdPの設定更新

学認参加IdPにて、ゲートウェイサービスへ必要な属性を送信する設定を「IdP管理者に必要な情報」 を参照して行っていただきます。

(2) 管理者の選定と登録

ゲートウェイサービス窓口よりメールにてご案内いたしますので、貴機関にて下記作業を行なっていただく管理者を選定の上、指示に従って登録してください。

(3) 管理者作業

契約・利用されている学認参加サービスのうち、どれをゲートウェイサービスの一覧に掲載するか選択、登録していただきます。一般的には、IdPに属性送信設定されているSP(サービス)を利用可能として登録されるケースが多いようです。登録方法はこちらのページの「サービスの追加」をご参照ください。利用開始後からの追加も可能です。

(4) 利用開始

上記の設定が完了すると、全ての構成員にゲートウェイサービスをご利用いただけます。
構成員にアクセスいただくのはサイトトップでもかまいませんが、以下のURLを用いていただければ機関名を選択することなく直接貴機関IdPのログイン画面に遷移し、ログイン後ゲートウェイサービスの画面が表示されます。

https://cg.gakunin.jp/Shibboleth.sso/Login?target=%2Fmap%2Ftop%2Findex&entityID={ENTITYID}

(末尾の {ENTITYID} の部分は貴機関のIdPのentityIDで置き換えてください)